ラブホテルでのアルバイト

ラブホテルでのアルバイトをした理由は、私が社会人になって2ヶ月がたった頃でした。
給料が少なくとてもやっていけるような金額なかったうえに、無理をして欲しかった高級時計をローン(※時計ローン)で買ってしまったからです。
そんな事を地元の先輩に相談しました。先輩も給料が少なくアルバイトをしていたみたいで、今、人雇ってるからと誘ってもらいました。
仕事内容はホテルのフロント、とても聞こえはよかったです。

 

そして面接の日、たどり着いたそこは、人目にはつきにくいラブホテルでした。
最初の仕事はリネンの畳み方、シーツとかバスタオルとか、完全に先輩に騙されました。
そしてその次は使い終わった部屋のお風呂掃除、私が一番の下っ端だったので他の人が入ってくるまで半年くらいお風呂掃除と部屋の掃除やシーツ敷いたりをしていました。
平日は20時から0時まで、休日は19時から0時まで、忙しい時は10部屋以上掃除して1時を過ぎることもしばしありました。

 

そうしてなんだかんだで1年が経ち、料理を作ったり、精算を覚えてました。
私のいたホテルは自動精算機が無く直接お伺いして小窓から精算するというとても古いホテルでした。
お釣り間違えたとか
精算が何部屋も重なったり、お客さんに文句言われたり、結構大変でした。
その割には22時以降の給料も上がらず時給は780円、ラブホにしては安すぎます。
まあ、よかったことは掃除がない時はずっと座って話ししてるだけで時給が発生してるからいい仕事でしたけど (笑)
フロント業務の時は電話に出るだけで掃除にも行かないでずっとスマホでゲームばっかりしてて一番おいしい仕事でした。

 

最悪なのが忙し過ぎて休憩が一回も取れない時、これは本当に地獄でした。
掃除しても掃除しても掃除する部屋が増えて、自分との戦いでしたね。
本当に体力の使う仕事だと改めて痛感しました。
そして1番掃除するのが嫌なのが汚物、ローション、コンドーム、自分が出会ったのがこの3つ。

 

まずお風呂掃除で扉を開けた瞬間
強烈な匂いが..風呂桶に茶色い物体が、そう、うんちだ。
これはもはや営業妨害レベル。
次の人がこの風呂桶を使う事を思うとなんだかんだ暗い気持ちになりました。

 

次にローション、これは拭き取れば大した事ないのですが床に付いていて不意に足を滑らせてしまい転んでしまいました。もちろん腹はたちましたけどね。

そして1番衝撃だったコンドーム事件。
これは私がシーツを敷こうとしてた時足元でドゥル!っとなり
一瞬のことだったので確認の為もう一回足で同じところを踏んでみました。
そしたらまたドゥルって..そう、使用済みコンドームでした。
二回も踏んだことにこの日はずっとブルーな気持ちでした。

 

そんなこんなで2年が経ち、転職を機にアルバイトもやめました。
今思うととてもいい経験をさせてもらいました。

続きを読む

どこで何にどれだけ使ったのかというのがすぐ分かる

私はモノグサで、買い物をしてもレシートをすぐ捨ててしまいます。
ですので、一日くらいすると、昨日どれだけお金使ったっけ?お金なんでこんなにないんだろう、と思うことがよくあるのです。

本当であれば、家計簿などをつければいいのですが、それも面倒なのです。
しかし、自分でお金の管理ができなくなってしまい、貯金もままならなくなってしまいました。

最初、クレジットカードを作るつもりはなかったのですが、家族から利便性について語られたのです。
お前のように、自分でお金の管理ができない人ほどカードをもつべきだ、と。

ほら見てみろネットで、自分がどこでどれだけ使ったのか、何日に使ったのかというのがわかるんだぞ、しかもスマホからでも確認できる、と言われ、家族と同じカードをもつことにしました。

最初は、カードなんか持ったら今以上に散財してしまうだろう、と思っていました。
ところが、実際カードを持ってみると、このお店はカードが利用できるんだろうかなどの確認をしてしまうため、思った以上お金を使うことはありませんでした。

しかし徐々にですが、カードを持っているということからネット通販にはまってしまったり、自分が思っている以上に使ってしまうことがあったのです。

これだと、元の木阿弥じゃないか、と思ったのですが、レコーディングダイエットと同じで、自分がどれだけ使ったのか、というのがスマホから確認できるので、今どのくらい使っているんだろうと通勤中の電車などで確認し、今月はまだ余裕がある余裕がないなどの判断もできるようになりました。

おかげで、カードを利用して沢山買い物をするということもありませんでしたし、現金がないときにカードで支払いをするということができるのでありがたいです。

私は、普段現金を八千円くらいしか持ち歩かないので、よく銀行からお金を下ろしていましたし、手数料などもかかってしまっていました。
その分がカードを使うことで解消され、なお且つ何に自分がお金を使ったのか、というのがきちんと分かるようになったのです。

特に、私の場合は、保険の効かない動物を飼っており、定期的に病院に連れていったりするのですが、最低でも五千円くらいはかかってしまいます。
現金ですと手持ちがなくなってしまいますし、お金を下ろしにいくというのも病院内で恥ずかしいです。

そんなときにもカードを使うことができますし、動物にどれだけ病院代がかかるのか、手持ちで足りるのかなど不安に思うこともなく、動物の心配だけができるようにもなりましたので、家族に言われてカードを持ったことは正解でした。

もう1枚クレジットカードを作って、動物用と別のショッピング用とに分けて利用するのもいいかもしれません。
アコムマスターカードは、入会金・年会費無料で、キャッシング機能もついているので、こういうカードを追加して持つのもおすすめです。

続きを読む

厄除けの無駄金

10年前、結婚を機に新築マンションを購入したのが人生最大の買い物。

東京・品川区で生まれ育っただけに「なんとしても都内に住みたい!」と考えていたが、いざ物件探しを始めてみると、あまりの高値にびっくり。
金額面でなんとか妥協できても、狭小だったり、不便な場所だったり…。

国立市のとある物件を一度見ただけで、もう「都内にマンション」の夢は早々とあきらめた。

不動産屋さんがくれたのは「多摩川渡るだけで1000万安くなりますよ」と言うアドバイス。
多摩川を隔てた神奈川県なら、マンションの価格はぐっと安くなるのだそうだ。
「たかが川ひとつじゃないか。
都内在住の肩書(?)にこだわって何になる」と気持ちを切り換え、川崎市内で物件探しを再開した。

さすがプロの言葉。
同じ程度の平米数なら、川崎は本当に都内より1000万ほど安かった。
予算に見合った物件がすぐに見つかり、いざ契約へ。

ここまでは意欲満々、ノリノリで進めてきたのだが、ローンを組む段になってから急に不安が湧き上がってきた。

今の会社にずっと勤め続けられて、安定した給料をもらえるのか?
隣人が困った人でも、分譲だからそうやすやすと引っ越せないぞ?
それまでずっとネットから情報を集めてきたくせに、分譲マンションに否定的な記事や書き込みが急に目につくようになって、ネットを覗くのが急に怖くなった。

思わず妻に不安を打ち明ける。
「人生最大の買い物だから心配になるのも仕方ないよね」と言われて気が楽になった。
そう、心配で当たり前。
不安を抱えたままでもいいじゃないか、と自分に言い聞かせて契約に臨んだ。

母からは「大きな買い物をする時は、一緒に無駄金を遣いなさい」と忠告された。
ただでさえ手付金やら何やらでお金が要るのに、無駄金を払うなんてとんでもない! 

だが、母曰く「死に金、無駄金に厄を乗せてしまいなさい」。
ローンが払えなくなる、隣人と不仲になる、と言ったマンション購入で起きるかもしれない不幸を、無駄金を払う小さな不幸に転化して先払いしてしまえ、と言う理屈だった。

忠告に従って、自分の技量には明らかに不釣り合いな高額の楽器を買った。
案の定、持て余して早々と売り払ってしまい無駄金となった。
そのおかげか、購入から10年経った今もマンション生活は快適である。

最近息子が運転免許を取り始めた。
大学に進学したため一人暮らしを始めたばかりだが、免許も必要だ。
引越し費用にだいぶかかってしまったので、免許はなんとか自分で払ってくれ、と言ってあったが、
どうやら免許ローンを利用しているらしい。
自立して、一人でも生活ができるよう、応援していきたいと思う。

続きを読む

長い休みはお金がかかる!

ゴールデンウィークや、お盆、年末年始。このような長い休みがあると、とーっても困ります。
なぜかって?それはお金がかかるからということです。

主人が仕事に行ってくれていれば、お昼はお弁当だし、子供がいても家である程度の家事はできるからいいんですよ。

でも休みの日って、ついついどこかに出かけてしまいますよね。
ちょっと遠出をしてしまえば、お昼は外食になることも多いはず。そして、丸一日遊んでしまうと夕食を作る気力も時間もない・・・。なんて事ありますよね。

それが土日のどっちかだけとかならいいんですけど、長期の休みとなるとそういうわけにはいかず。
何となくどこかに出かけなくちゃいけないという思いもあり、ついつい連日お出かけをしてしまいます。
出かけてしまうと、外食したり、交通費がかかったり、お土産を買ったり… 
めったに行かないところだったらなおさらいろいろと買い物しちゃいますよね。ここでしか買えないから。

毎月の予算は決まっているのに、外食(お総菜もあり)比率はどんどん高まっていきます。
どうにか頑張ってお昼はお弁当を持って出かけられるところを見つけて出かけたりはしますが、そういう時でもついついアイスを買ったりお菓子を買ったりしてしまったり。何で出先だとそういうものを買ってしまうのでしょう。

私は月々の生活費をもらっていて、それでやりくりをして残ったお金を自分の貯金にまわしているのですが、やはり外食が多くなるとお金が余ることはなく。
悪い時は足らないなんてこともあります。
困ったものですが、子供がいると出かけないわけにもいかないのと、出かけるとどっと疲れてついつい外食を提案してしまう私がいます。
何にも作りたくないし、とにかく休みたいんです。たまにはのんびりと過ごしてみたいな。

でも、そろそろ仕事を初めてガッツリ稼がないと、子供はこれからどんどんお金がかかりそうで怖いです。
でも子供がいるとなかなか働き出すのも難しいし。

これではこの先、生活費から貯金に回すお金は少なくなる一方。ほんとにお金が降ってこないかなって思ってしまいます。
お金に困っている方はこちらのサイトを参考に・・・主婦借入 審査

いやいや出来るだけでもいいのかもしれないです。お金は使う為にあると思っていますが、この先の老後の事や子供のことを考えると長期休みが近づくとブルーになってしまいます。
出来る主婦ならこんなに苦労しないんですよね。仕事はまだ難しいかもしれないので、出来る主婦目指して頑張ります。

続きを読む

賢く質素な生活と税金

食費は1万円を超えることがありませんが、今のところ健康な体を維持できていると自負しています。
基本的に毎日野菜を食べるようにしていて、なおかつ醤油などの調味料はほとんどつかいません。生で食べられるものは軽く水洗いしてそのまま口にいれますし、加熱するときには食塩を入れることはありません。米をたくさん食べることによってお腹を膨らませられるものの、たまにはお肉が食べたくなるので週に一回ぐらいの頻度で買っています。

通信費を挙げる場合に一番驚かれるのは、携帯電話の利用料金ではないかと思います。結論から言うと、毎月1010円だからです。無駄な契約内容を全て解約した結果として現在の料金に落ち着いていて個人的には当たり前なのですが、人に話すとひどく驚かれます。また、インターネット接続にはワイマックスを利用しています。毎月4千円の出費でそれなりの高速通信が可能ですし、小型で持ち運びができるルーターのおかげでSIMカードを挿入していないスマホでネット接続を楽しめます。

家賃は2万円ちょうどですが、なかなか良い条件の物件に住むことができていると思います。歩いて数分のところに運動公園があるので運動不足解消に役立ちますし、自宅から見える場所には薬局があるので万が一のときに安心です。極めつけは歩いて30秒程度の場所にリーズナブルな散髪屋があるだけでなく、24時間営業の業務用スーパーも近くにあります。生活圏が自宅から半径数百メートルになりつつあるのです。

住民税と国民健康保険料と国民年金保険料は多くの家計にとって打撃を与えているでしょう。私にっても同じです。
納付所が届くたびにビクビクします。私は収入が少ないにも関わらず、免除対象ギリギリのラインで引っ掛からず納税の義務を負っています。税金が支払えないまま放置していると、財産を差し押さえるなどのペナルティを受ける可能性も高いですし、税金の場合は裁判所の許可なく給料などの財産を差し押さえることができますからね。とは言っても私にはそのような財産はありませんがね。
税金が払えない・・・・と困っている方一度このサイトをご覧になってみてください。

続きを読む

支出を抑えた実家暮らしの大学生

私は実家暮らしの男子大学生です。
大学へは車で20分程度の所へ通っています。

まず、月毎に掛かる固定的な支出を出します。

モバイルルーター(携帯とノートPC用)3000円
ガソリン代2000円
計5000円/月

次に、毎月買う訳ではない生活用品や衣類代を12ヶ月で割った値で出します。

髭剃り70円
衣類と靴1200円
教科書250円
計1520円/月

最後に、人付き合いや趣味で生じる贅沢で生じる支出を12ヶ月で割った値を出します。

外食1000円
交際費2500円
本100円
音楽25円
計3625
総計10145円

私は、支出はかなり少ない方だと自負していたつもりでしたが、まだまだ無駄が多かったです。

ちなみに、私は昼食は我慢をするか家の物で何かを作り、飲み物は水筒を持ち歩いているので普段の食費はあまり掛かりません。

ただし、趣味が外食なのでたまにどこか美味しいお店を探す事があるので、そこで1回の会計に500~3000円程度使ってしまう事があったりします。交際費もなるべく抑えたいのですが、遠距離なので交際費によって支出が生じます。

高いと言われる大学の教科書は、同じ物や類似品を楽天、Amazon、ブックオフ等で購入もしくは先輩等から譲ってもらいます。

音楽はitunesストアで1曲150円のものを2つ買いました。本は読み終わったら売却をしているので実質的な支出はもう少し少ないと思います。

髭剃りに用いるシェービングフォームやシャーペンの芯等の数百円単位の物は、アンケート等で稼いだ楽天ポイントでなるべく相殺して買っているので支出としてカウントはしていません。

外出でのちょっとした空腹は株主優待や無料クーポンによってなるべく相殺しています。
携帯は3大キャリアではなくモバイルルーターと050番号にしています。

あと半年程でモバイルルーターを無料解約出来るので、次は安めのsimとプリペイド携帯を持とうと考えています。
飲み会等のイベントには極力参加しません。

続きを読む